石廊崎
伊豆半島最の南端。ちょっとお散歩してみよう!

詳細図
石廊崎(いろうざき)は伊豆半島最南端の岬です。荒々しい海岸の景色で観光地になっています。
この岬より西は駿河湾、東は相模灘です。岬の先端からは太平洋が一望でき、付近には石廊埼灯台、その先には石室神社、最突端には熊野神社の祠(ほこら)があります。岬の突端からは沖合いで伊豆半島を迂回する大型タンカーやフェリーの列が昼夜問わず見られます。気候は、冬は暖かく、気温が氷点下になることはまずありません。雪も年に1度降るかどうかなほど。夏は、他のところと比べると低く、静岡、網代(熱海市)のように35℃を超えることはありません。石廊崎測候所が気象観測を続けてきたが、2003年10月以降無人化されています。
 住所:南伊豆町石廊崎     駐車場:有料(1回500円)
石廊崎港の駐車場
石廊崎の港にある駐車場(1回500円)ここからスタート。
遊覧船乗り場があります。
アロエの薬効の伝承者
駐車場の脇には何やら像が?!説明書きを見てみると、
役(えん)の行者(隠名:阿摩陀之摩綺/あまだのまき)なるお方です。
看板の説明によるとアロエの薬効を人々に広めた人らしい。
石廊崎灯台へはこの背後にある遊歩道を歩いていきます。
駐車場と灯台の中間地点
駐車場から遊歩道を400mほど歩くと、別の道に突き当たります。
温室などの建物がありますが、これらは2003年に閉園した、
熱帯植物のテーマパーク「ジャングルパーク」の遺産です。
分岐の右方向は立入り禁止ですので、左折して、岬の突端方向へ向かいます。
石廊崎特別地域気象観測所
石廊崎特別地域気象観測所
石室神社の鳥居
すぐ先には石室神社の鳥居があります。すぐ脇には、公衆トイレがあります。
気象庁 石廊崎波浪観測局
気象庁 石廊崎波浪観測局
2003年からは無人化されている。この施設の観測の歴史については
こちら(近藤純正氏作成)に詳しい内容が掲載されています。
船に危険水域の方向を教える設備
これは「石廊崎指向灯」という設備で、沖合いを航行する船に
浅瀬の危険水域の方向を教えるものです。
石廊埼灯台
これが石廊埼灯台
1971年8月21日に設置点灯
灯台および指向灯の説明です。
石廊埼灯台は1971年8月21日に木造で設置点灯されましたが、
昭和8年に暴風で大破し1933年に建て直し、
1993年には外壁をタイル張りにし現在にいたります。
これが伊豆半島の先端
灯台の近くまで来ると、視界が拡がります。
石室神社
少し階段を下ると、岩に埋まるように立てられた石室神社があります。
石室神社の中
神社の中はこじんまりしています。
石廊埼権現の帆柱
足元が一部ガラス張りになっていて、柱が見えます。
この柱は伊豆の七不思議の一つである「石廊埼権現の帆柱」です。
石廊埼権現の帆柱
恐る恐る崖の柵から乗り出して柱を写すと、太い帆柱が横方向の梁として使われている。
しかし、たての柱は細くてびっくり。こんな崖に立ってたの(汗)
縁結びの神『熊野神社』
石室神社から50m歩くと岬の先端です。そこにある熊野神社は、『縁結びの神』
みのかけ岩を望む
相模湾側を望む。写真奥中央はみのかけ岩(南伊豆町大瀬)
カラフルな船は石廊崎港発着の遊覧船マリンバード号(一周約25分)
石廊埼から太平洋を望む
岬の先端からは太平洋が一望できます。
伊豆七島展望図
天気がよければ、伊豆七島も全部見えるかも。

観光ページトップへ
青木さざえ店ホームへ